IMG_0194IMG_0197

 

 

 

 

 

「トワイライト・シャッフル」乙川優三郎著 新潮社刊 1400円

に出会ったような・・・この物語は「珠玉」という言葉がよく似合う。

老いた海女、落魄のピアニスト、ライムポトスと裸婦、家に辿りついた異国の女…。房総半島の小さな街で何かを見つけ、あるいは別れを告げようとしている男と女たち。夕闇のテラス、シングルトーンの旋律…。歓楽の乏しい灯りが海辺を染める頃、ありえたかもしれない自分を想う。『脊梁山脈』で「戦後」を描き、大佛次郎賞に輝いた著者の「現代」小説。